ホームページの作り方

ホームページ作成の流れとは?

ホームページ作成では、基本的に「HTML」と呼ばれるルール言語で作り、「HTMLファイル」をパソコン上に保存します。その後、公開サーバーを用意してファイルのアップロード、URLアドレスの設定をすれば完了です、よって、HTMLについて理解してから、アドレスや公開サーバーの取得方法を習得すればいいでしょう。ホームページを公開する時は、インターネットが使える環境設定もしなければなりません。HTMLファイルを作成する時は、「テキストエディター」と「画像作成ソフト」が必要です。半角英数字でHTMLソースを記入していき、保存していきます。拡張子が「.html」になっていることを確認するのも大切です。保存のたびにブラウザで確認すると、間違った時も早めに対処できます。

作成サービスやツールを使うのも一つの手段!

自分でHTMLファイルの作成が難しい場合は、レンタルブログなどで代用することも可能です。レンタルブログの場合、文章を書くとそれをHTMLに直して、ホームページを自動で作成します。背景の画像や文字の色なども、クリックして選択すれば、すぐに適用されることが特徴です。つまり、HTMLファイルの作成が困難な時は、作成サービスやツールを利用するといいでしょう。どの作成サービスを利用するかは、利用料と容量・商用可能・独自ドメインの有無などで選択します。写真を多く載せたい時は、容量無制限にしておくと安心です。商用として使いたい時は、商用可能か確認しなければなりません。また、スマートフォン画面に対応しているかも、選択時のポイントです。

ホームページを作ろうと思っても作り方や運営の仕方などがわからないことが多いですよね?ここでは、ホームページを1から作る方法や作った後の運営の仕方について紹介していきます。ホームページを作るときに参考にしてみてください。

ホームページの作り方

ホームページの運営の仕方